Klavierspielのロシアンさん

ロシアンブルーとの毎日の生活や子猫ちゃん誕生のお知らせなど

🍀子猫ちゃんのご予約できます。メールでお問い合わせ下さい

爪切り

昨日だったか一昨日だったかの毎日新聞の4コマ漫画。

ショウちゃんという猫の爪切りの漫画でした。

ショウちゃんが嫌がって暴れて、終わると母子がぐったり

してる・・・という漫画だったです。

う〜ん、全くその通りなんだよねぇ・・・とニマニマ。

 

猫さんはなんであんなに爪切りを嫌がるんでしょうね?

特に後ろ脚は切るのが至難の技でございますぞ。

大人猫の後ろ脚を一人で切るのはほとんど無理です。

 

 子猫の時からマメに切って、爪切りには馴らしているん
ですけどねー。

中には比較的大人しく切らせてくれる子もいますよ (^_^)。

でも大半は、嫌だけどちょっとはガマンしてやる・・って

態度で、スキあらば逃げようとこちらの様子を伺ってます。

 

最近はこちらも老眼で見えにくいので、メガネをかけて準備。
それを見ただけで察するお利口もいて (>_<)  困ったもんです。

 

年寄り猫さんの爪は、爪とぎをしても剥がれにくくなって、
切ってあげないとパッドに喰い込んで無残な💦ことになります。
そうならないよう私も抵抗に負けず頑張りますが、
どうしてもダメな時は獣医さんに切ってもらいます(テヘヘ)。 

赤ちゃん猫の爪切りはホントにすごーく大変。
1ミリも切れない・・みたいに繊細な作業です。
切ってあげないと、赤ちゃんは爪をしまえないので、
敷物などに引っかかっちゃいます。必要な作業です。

前に一回だけ赤ちゃんが動いてしまって、深爪してしまい
出血させた事があります (~_~;) スマン・スマン。
幸いすぐに治ってくれて良かったんですが、
ものすごーくドキドキでした。

 

大抵爪切りすると私の手や足は傷だらけになります。

まぁ、猫と暮らしている人の勲章みたいなもんですね(アハハ)